教室理念

1.わかることの楽しさを知ってもらいたい。

自分の経験から「わかる」と人生の視点が変わっていきます。勉強以外でもこの視点があれば、様々な角度から物事をとらえられていけます。学校や一般に存在している進学塾は(全部ではありませんが)、「この期間内に、このカリキュラムをこなさなくてはいけない!」というルールがあるため先生方にも、生徒さんにも無理が生じていきます。そうなっていくと、もぅ「学ぶ」ということか遠ざかっていきます。だんだん何のための時間?と疑問が生まれていきます。  そんな気持ちをうめていけたらいいなぁとおもっています。

 

2.個別指導方法について

私は長年の指導経験から、生徒1人1人に効果的な学習を行うのには個別指導が効果的である、と考えました。当方のの個別指導とは1コマの生徒は少数制とし、生徒と先生が机を間にして直接言葉を交わしながら指導するものです。
 通常の学校形式の授業では進んでいる生徒も、遅れている生徒も同一の授業内容であり、それぞれの生徒が授業の進み具合に不満をもってしまいます。
その点、個別指導ならば学力の高い生徒は進んだ内容を、遅れている生徒は基礎的な項目をそれぞれの学力に応じて密度の濃い学習指導を受けられます。
長年塾講師を務めてきた、これまでの経験を生かして生徒に合った的確な授業を行っております。

 

3.数学に特化した塾です

数学という教科には、すべての要素が含まれていると私は考えています。

論理的思考、計算力、他人に対する説明の仕方(どうすれば他人に伝わる文章や話し方ができるか!)・・・。よって数学を強化していけば、他の教科にもプラスな影響を与えることが可能です。たとえば、国語力がUPしていくなど。

数学という教科は、なかなか自力では勉強していくことが困難な科目でもあります。たとえば、図形の見方をどうすればよいか、とか。自分本位な見方が、どうしても勝ってしますので、自力では、難しいです。

 

4.入塾規約

  第1条: 申込 当塾への入塾は、当塾所定の「入塾申込書」の提出及び規約に同意された方とする。入塾のための保護者、生徒と面接を行い許可します。
第2項 入塾が承認されない場合: 第2条に合致しない場合
第2条(入塾資格)
当塾への入塾は次の各号をすべて満たしている生徒に限られます。
1.意欲を持って学習しようとする者

2.中学校に在籍してる者。

第3条(強制退塾)
生徒に学習する意欲が感じられない場合。生徒がスタッフの指示に従わない場合。生徒が他の生徒の学習の妨げとなる事を行った場合。
生徒が塾の設備や備品等を故意に破損・汚損した場合。(実費にて修繕費用を補償していただきます。)生徒および生徒の関係者が当塾に対して損害を与える恐れがあると判断された場合。

 

メルマガ登録・解除
じゅんや塾のレター
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ